ヘアオイルの正しい使い方とタイミングは?朝・夜・目的別の方法をプロが解説

ヘアオイルの画像 アウトバス

ヘアオイルはヘアケアやスタイリング剤として使いやすいため、日常的に髪の毛につけている方も多いアイテムです。

ただ、使い方を間違えてベタベタしてしまったり、なかなか乾かなかったりした経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

この記事では、美容師の私が

  • 正しいヘアオイルの使い方つけるタイミング
  • 朝・夜で変える使い所
  • 髪質別おすすめヘアオイル

について、詳しく説明していきます。

ヘアオイルの目的と効果は?

こちらを見ている若い女性

参照:Beauty navi

ヘアオイルは髪の毛につけることで、

  • 保湿
  • ツヤ

を与えてくれる効果が期待できます。

正しく使えばツヤサラな状態をキープすることもできますが、つけすぎたり量が足りなかったりすると、ベタつきや乾燥となってしまうことも。

アウトバスアイテムとして使うことでヘアケアをしながら、スタイリング剤として使うこともできるため、正しい使い方さえ守れば非常に使いやすいでしょう。

使う際には、

  • ご自身の髪の毛の長さや毛量に適したオイル量
  • 髪質に合ったオイル

を、意識することが重要です。

ヘアオイルの基本的な使い方

壁に頭を当てている女性

参照:Beauty navi

まずは、基本的なヘアオイルの使い方について説明していきます。

行程としては、

  1. スプレイヤーで髪の毛を濡らす
  2. 適量を髪の毛の内側からつける
  3. 手に残ったオイルを髪の毛の表面につける
  4. ブロー

となります。

スプレイヤーで髪の毛を濡らす

髪の毛を濡らす女性

ヘアオイルをつける前には、スプレイヤーで髪の毛を軽く濡らし、湿らせておきましょう。

髪の毛は濡れるとキューティクルが開く性質があります。

軽く濡らすことでヘアオイルが馴染みやすくなり、つけムラを防ぐことにも繋がります。

あまりビシャビシャに濡らしてしまうのはNG。

程よく湿っている程度を目安に濡らすようにしましょう。

適量を髪の毛の内側からつける

ヘアケアする女性

ヘアオイルをつける順番は、

  1. 耳上や襟足付近などの内側
  2. トップ付近の表面
  3. 前髪(必要であれば)

となります。

最初に髪の毛の表面にヘアオイルをつけてしまうと、見た目が重くなり、ベタベタした質感になってしまいます。

適量を手に取り、手のひら全体に伸ばしたら、耳上や襟足などの内側からヘアオイルをつけていきましょう。

適量の目安としては、

  • ショート…1~5滴
  • ボブ…2滴前後
  • ミディアム…2~3滴
  • ロング…3~4滴

程度となります。

手に残ったオイルを髪の毛の表面につける

ヘアケアのイメージ

内側につけた後、手に残ったヘアオイルを髪の毛の表面につけていきます。

この時、できるだけ根元にはつけないようにします。

中間から毛先にかけて傷んでいる箇所を中心につけていきましょう。

必要であれば、この時に前髪にもつけていきます。

前髪はヘアオイルを多くつけすぎると非常にベタついた質感になってしまうため、毛先に軽くつける程度にしましょう。

ブロー

ヘアケアセット

全体的にヘアオイルを髪の毛につけたら、ドライヤーとブラシを使ってブローしていきます。

正しくヘアオイルがついていれば、毛先が絡むこともなく、ツヤツヤな仕上がりになるでしょう。

使用するドライヤーはご自身の髪の毛に適したものを使うと、よりツヤツヤ、サラサラな仕上がりになります。

【2022年】美容師おすすめドライヤーランキング!ヘアケア向け~コスパ最強まで解説

【2022年版】ストレートにするヘアアイロンの選び方と人気のおすすめランキング!慣れない初心者でも傷めず簡単に

朝のヘアオイルの使い方

笑顔のショートヘアの女性

参照:Beauty navi

朝にヘアオイルを使うことで、セット時に使用するドライヤーやアイロン、コテなどによる熱ダメージから髪の毛を守ってくれたり、紫外線や乾燥によるダメージから髪の毛を守ってくれる効果が期待できます。

また、スタイリング剤として使用することで、艶やかな仕上がりを1日中キープさせることも。

ここでは、ヘアオイルを朝に使うタイミングについて、説明していきます。

セット前に使って熱ダメージから守る

寝ぐせを直す際のブラッシングが原因で、枝毛や切れ毛になってしまうことは多いもの。

毛先が引っかかっていても無理にブラシを入れてしまい、より引っかかりやすい状態になる『負のスパイラル』に。

また、アイロンやコテを日常的に使用する方は、熱によるダメージが蓄積されているかもしれません。

これらの場合には、毛先にヘアオイルをつけてからセットしてあげましょう。

どちらの場合でも先にヘアオイルを毛先につけてあげることで絡まりづらく、まとまりやすくなります。

毛先の傷みが酷くなると毛先を中心に広がりやすくなってしまうため、早めのケアが重要です。

スタイリング剤として仕上げに使う

ロングスタイルの女性の後ろ姿

参照:Beauty navi

ヘアオイルをスタイリング剤として使うことで、濡れ髪風のウェットな仕上がりにすることもできます。

また、編み込みやアップスタイルに仕上げる方であれば、中間から毛先につけることでまとまりやすくなり、アレンジしやすいでしょう。

ただ、ヘアオイルの種類によっては、思っているよりもまとまらないことがあります。

髪質やダメージレベルなどに適したヘアオイルを使用することが非常に大切です。

夜のヘアオイルの使い方

横を向いている女性

参照:Beauty navi

夜は髪の毛や頭皮が1日中受けていたダメージを和らげてあげるように、ヘアオイルを使いましょう。

正しい使い方を知っておくことで、翌朝の髪の毛を健全な状態にすることもできます。

シャンプー前に使って毛先の摩擦を軽減

ボールに入ったオイル

使用しているシャンプーによっては、髪の毛や頭皮に刺激の強い成分が含まれていることもあり、洗うたびに髪の毛を傷ませている可能性も。

シャンプー前に髪の毛の中間~毛先にヘアオイルを揉みこんでからシャンプーするようにすると、髪の毛を保護してくれる役割があります。

ただ、オイルがついた状態の髪の毛は泡立ちづらくなってしまうため、予洗いや泡立てをしっかりと行うようにしましょう。

アウトバスとしてドライヤーの熱から守る

ドライヤーの画像

シャンプー後の濡れている状態の髪の毛は、キューティクルが開いているため、傷みやすくなっています。

速めにドライヤーで乾かす必要がありますが、乾かす前にヘアオイルを髪の毛の中間~毛先につけてあげると、熱から守ってくれるようになります。

【2022年】美容師おすすめドライヤーランキング!ヘアケア向け~コスパ最強まで解説

頭皮にオイルパック

ヘッドマッサージされる女性

時間がある程度作れる夜だからこそできるケアとして、頭皮パックがあります。

毎日する必要はありませんが、たまにしてあげると頭皮もすっきりしてリラックスできるでしょう。

  1. 髪の毛が乾いている状態で軽くブラッシングする
  2. ヘアオイルを髪の毛と頭皮に馴染ませる
  3. 頭に蒸しタオル(ラップ)を巻いて20~30分程度放置する
  4. シャンプーしてしっかりと洗い流す

オイルパックはお風呂に入る直前にするのが良いでしょう。

オイルパック後はしっかりと洗い流しておかないと、髪の毛や頭皮にオイルが残り、ベタベタな仕上がりになってしまいます。

頭皮にもオイルをつけるため、動物性のオイルなどは×。

毛穴が詰まってしまう恐れがあるため、アルガンオイルやホホバオイルなどの植物性オイルを使用するようにしましょう。

ヘアオイルを使う際の注意点

朝・夜に合わせた正しい使い方をしていれば、ツヤやハリが出て適度にまとまったヘアスタイルに仕上がるでしょう。

ただ、間違った使い方をしてしまうと、毛先がうまくまとまらず、ベタベタした仕上がりになってしまうことも。

ここでは、ヘアオイルを使用する際の注意点について説明していきます。

ヘアオイルをつける前にはコーミング

ヘアオイルをつける前には、髪の毛をコーミングしてキューティクルを整えてあげましょう。

使い慣れているブラシなどを使用し、毛先の絡みを取りながら徐々に中間~根本にかけて髪の毛を梳かしていきます。

コーミングをしないでヘアオイルをつけてしまうと、均等にオイルが髪の毛に馴染まず、バサバサな仕上がりになりやすいでしょう。

根元にはつけない

ヘアオイルは、髪の毛の中間~毛先にかけてつけるようにしましょう。

根元付近につけてしまうと立ち上がりが出づらくなり、ベタつきの原因となります。

使用量を守る

ヘアオイルはつけすぎてしまうと、ヘアスタイルも重くなり、ベタつきの原因となります。

髪の毛の長さや毛量、品質などでも多少異なりますが、上記した

  • ショート…1~5滴
  • ボブ…2滴前後
  • ミディアム…2~3滴
  • ロング…3~4滴

程度が目安となります。

【おすすめ】迷ったらコレ!

サラッとした質感の高機能ヘアオイル

モロッカンオイルトリートメント 100ml|MOROCCANOIL モロッカンオイル

アルガンオイルが豊富に含まれるモロッカンオイルは、ヘアオイルをスタンダードなアイテムにした先駆けとも言える商品です。

保湿力や保水力が非常に高いもののベタつかず、サラッとした質感に仕上がるのが特徴。

カラーやパーマ、アイロンなどで受けたダメージから、紫外線や乾燥などによって受けたダメージまで、幅広く対応できます。

ツヤツヤでサラサラな髪の毛を望む方には是非一度使ってほしいヘアオイルです。

送料無料【数量限定25ml増量中】MOROCCANOIL モロッカンオイル オイルトリートメント 125ml【オフィシャルパートナーサロン】

髪質に合わせたヘアオイルの選び方

ヘアオイルの画像

髪質によってヘアオイルを使い分けることで、ベタつきや乾燥を抑えられるようになります。

髪質の分け方としては、

  • 軟毛
  • 硬毛
  • くせ

となります。

ここではそれぞれの髪質に合ったヘアオイルの選び方について説明していきます。

軟毛向けヘアオイル

ミディアムボブの女性の横顔

参照:Beauty navi

軟毛の方は、軽めのテクスチャでサラッとしたタイプのヘアオイルがおすすめです。

しっとりとした重めのテクスチャだと、オイル自体の重さに髪の毛が負けてしまい、ペタッとしやすくなります。

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • アーモンドオイル
  • オリーブオイル

などが配合されているヘアオイルを選ぶと良いでしょう。

軽い仕上がりでもしっかり毛先がまとまり、トリートメント効果も◎
「サラッ」とした質感を求める方におすすめです。

価格(税込) 2,200円
容量 100ml
香り フルーティフローラル
仕上がり サラツヤ

硬毛向けヘアオイル

首を傾げるセミロングの女性

参照:Beauty navi

硬毛の方は、重めのテクスチャでしっとりした質感になるヘアオイルがおすすめです。

ツヤやまとまりが出やすくなるため、毛先の広がりなども抑えられるでしょう。

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • ツバキオイル
  • シアバター
  • スクワラン

などが配合されているヘアオイルを選ぶと良いでしょう。

毛先のまとまり感が◎

ボブスタイルやウェーブスタイルの方への仕上げには特におすすめです。

価格(税込) 3,176円
容量 150ml
香り マンダリンオレンジ&ベルガモット
仕上がり 濡れ髪風

くせ毛向けヘアオイル

くせ毛風ショートヘアの女性

参照:Beauty navi

くせ毛の方は、くせが伸びやすくなる成分が配合されているヘアオイルがおすすめです。

  • γ-ドコサラクトン
  • エルカラクトン

これらの成分はドライヤーやアイロンなどの熱に反応してくせを伸ばす性質があります。

【美容師おすすめ】広がるくせ毛の直し方!適切ケアであなた好みの髪型に

事前に髪の毛につけてあげることでまとまりや流れが出やすくなるため、セットしやすくなるでしょう。

価格(税込) 2,035円
容量 100ml
香り グリーンフローラルフルーティ
仕上がり サラサラ

まとめ

この記事では、

  • ヘアオイルの基本的な使い方
  • 朝にヘアオイルを使うタイミング
  • 夜にヘアオイルを使うタイミング
  • 髪質に合わせたヘアオイルの選び方

について説明しました。

正しくヘアオイルを使用して、扱いやすくツヤのある髪の毛を目指しましょう!

【美容師おすすめ】アウトバストリートメントの種類と使い方!人気の厳選アイテムも紹介

【永久保存版】髪のプロが美髪になる正しいヘアケア方法9選を解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました